​操業の見える化 - 機械、ワーク、人

工場まるごと見える化 Marimba M3
  • 実際の現場では機械が稼働しているか否かは、状況を判断するほんの一部に過ぎないことをシムックスは知っています。
     
  • どの機械が今何を加工しているのか?それはあとどのくらい続くのか?順調に行っているのか、別の機械はどういう状況か? 
     
  • Marimbaの稼働判定アルゴリズムでは、機械だけではなく、機械以外から取得したさまざまなデータ、例えばRFIDやカメラなどを稼働状態の判別にに利用するので、例えば「稼働時間」と「加工時間」の違いを高い精度で明らかにできます。※精度は対象の機械や環境に依存します。
     
  • MARIMBAではそれらを集中的に表示することができます。そしてその履歴・記録も残せます。
     
  • 機械の稼動だけではなく、非稼働の理由や、人の動きも見える化することが可能です。
     
87x_2018-11-26 16.23.56 0001.png
これは機械を表します。ワークがセットされ待機状態です。
87x_2018-11-26 16.43.08 0006.png
これは別の機械です。ワークがセットされていて、稼働状態です。
87x_2018-11-26 16.46.16 0007.png
これはさらに別の機械です。空っぽの状態です。
87x_2018-11-26 16.33.48 0004.png
複数の機械の稼働状況を表した状態です。
87x_2018-11-26 16.27.27 0003.png
これはワークを表します。ロットナンバーまたは任意の名称がつけられます
87x_2018-11-26 16.27.11 0002.png
これは人です。
DRAFT MARIMBA HEADEvfR D_020.fw_r1_c2.pn
※画面はbeta版のプロトタイプの画面です。実際の画面は各ユーザ・クライアントごとにカスタマイズされた画面になります。
DRAFT MARIMBA HEADER D_021-FACTORY.fw_r1
※画面はbeta版のプロトタイプの画面です。実際の画面は各ユーザ・クライアントごとにカスタマイズされた画面になります。

​執筆者

TAKAHIDE NAKAJIMA

中島高英

87x_2019-03-28 12.02.52 0003.png

CIMX株式会社創業者 社長